西後ローリング療導院
English version TOPページヘ お問い合わせ ご利用上の注意 サイトマップ

TOPページ
初めての方へ
アスリートの方へ
コラム
当療導院について
サイトマップ
お問合せ
体験談
リンク集

所在地
大阪府大東市西楠の里町11-23
E-MAIL:info@rolling-roller.com

Macromedia Flash Playerの
ダウンロードはこちら
ローリング ・ ローラー コンディショニング療法

『 施療手順 』 及び 『 経過説明 』
【健康状態・蓄積疲労状態により [施療手順] 及び [目安の回数] は変わります。】

     〜 約10〜12回位をめどに「連続/継続」して受けて頂く
                                あくまで「参考回数」です。〜


STEP 1
永年に渡り「体内深部」に蓄積された「疲労物質」を取り除きます。
『3〜4回』
痛みのある「しこり」、痛みの少ない「しこり」により施療方法が変わります。 また、「うっ血」の多い 人ほど、アレルギー反応のきつい人ほど「くすっぐたさ」を極度に感じる方もおられます。 この様な、  「くすぐったい」「筋肉の痛み」「極度の冷え」を伴っていることが多く、この様な反応が消えて こないと施療に時間を要する事になります。「くすぐったい」や「痛み」は一種の所謂、内臓疲労からの 反応 《内臓体癖反射》と、捕らえて下さい。
 
     
STEP 2

体温上昇で「うっ血」が取れ、「くすぐったさ」「痛み」が消えます.。

『3〜4回』
施療中に感じる「くすぐったい」「痛い」反応を少しづつ取っていきます。筋肉細胞中の「うっ血」が 取れてくると、「くすぐったい」や「痛い」が除々に消えていき、ローリング・ローラー施療効果が「加速」 されていきます。体内深部にまで「根付いた蓄積疲労」は簡単には取れないこともあります。 根本原因が根深くなければ回復スピードは速まることでしょう。
 
     
STEP 3
蓄積疲労」が取れ、内臓温度が上昇。「基礎代謝量」が向上します。
『4〜5回』
筋肉細胞中の「蓄積疲労」が取れ、内臓温度が上昇し、その人本来の「基礎代謝量」が向上して 十分に酸素を含んだ自身の血液が代謝機能を促してくれます。 更に治癒力が発揮され、改善され た肉体は「疲れにくい身体/疲れない身体」に近づいて行きます。辛い症状の多い方は出来るだけ 連続/継続して受けて頂く程、その効果は現れ易くなります。この様な改善・回復肉体環境の 基、トレーニングを 【Re-スタート】させ、グレードアップした肉体へと導いていって頂きたいものです。
 

  〜 筋肉・関節・内臓にリラクセイション効果を幅広く浸透、
            慢性症状/体質・機能改善に燃焼系ローリング・ローラーの響きを〜


目 的 と 効 果 に つ い て

今まで気付かないで溜まり続けた、長年の疲労物質
(乳酸・活性酸素・過酸化脂質・中性脂肪)等々を燃焼・除去し、症状の改善を図ります。

今までになかった内臓疲労除去療法、皮膚表面・筋肉細胞・各関節・体全体への「ローラー摩擦刺激」
「有酸素運動的効果」を引き起こし、体内の燃焼系統に働き、代謝機能が改善され、
基礎代謝量の増加が筋肉・内臓をウォームアップ状態に導き、
自身の内臓を活性化させ長年の辛い症状を早期快方に向かわせてくれます。
疲労を溜めすぎないで、定期的ケアをお薦め致します

ROLLING & ROLLER CONDITIONING THERAPY TREATMENT

 


2005(C)西後ローリング療導院 All rights reserved 当院に無断でHPからの引用・転載・複写などをお断りします。