西後ローリング療導院
English version TOPページヘ お問い合わせ ご利用上の注意 サイトマップ

TOPページ
初めての方へ
アスリートの方へ
コラム
当療導院について
サイトマップ
お問合せ
体験談
リンク集

所在地
大阪府大東市西楠の里町11-23
E-MAIL:info@rolling-roller.com

Macromedia Flash Playerの
ダウンロードはこちら
◆ 野球対応 コンディショニング整体操法


  
ローラー コンディショニング整体操法の原点とは

 身体能力を十ニ分に発揮する為には肉体条件が「パーフェクト」である事は言うまでもありません。野球に於ける 『走・攻・守』 のバランス・身体レベルは非常に高く、「最大スピード・パワー・持久力」を獲得する為のトレーニングで 「故障・怪我」 をしない『体作り』がとても重要になってきます。期待する余りオーバートレーニングが原因で「故障・怪我」は避けなければなりません。更に上を目指す為にも気付かない疲労の蓄積を意識、自身のコンディショニングについて、十分に認識・確認する必要があります。

  一般的には、鍛える事のみに意識がいきがちですが、疲労を取る事と「並行」して行う事が、重要課題ではないでしょうか。故障をしてからの治療だけではなく、「定期的・継続的」ケアで疲労の蓄積を防ぎ、キレある「真のコンディショニング」の基、強化トレーニングをお薦めしています。「技術練習の繰り返し」・「スピードトレーニング」の効果・仕上がり具合に違いを感じて頂き、大きな「手応え」を実感して頂けます。

   「ローラー コンディショニング整体操法」は、気付く事の難しい 『インナマッスル』 を特別意識、色々な角度から総合的にケアしていきます。筋肉の質・関節の強度・粘り・バランスを確認、蓄積疲労度・可動域の多/少い・柔軟性を加味、「体内負荷」を取りながら同時調整、効果を期待できる「コンディショニング整体」操法が現場で即対応、「トップ ギア」への素早い動きを可能にしてくれます。

  
「瞬発力」・「爆発力」をリードする股関節・臀部インナマッスルの「ケア & 強化」を!

 今まで気付かないで溜まり続けた、永年の「酸化した疲労物質」を燃焼・除去して行きます。多くの疲労は「股関節」・「臀部」の深部に蓄積。股関節・臀部は体内深部で密接に関係しており、柔軟性・可動域のゆとりある「強度」がトップ・アスリートへの「ターニング ポイント」かもしれません。

  股関節の動き・働きは上肢体、特に 『肩関節』 に密接に関係しており、「呼吸筋」に影響し、スタミナに大きく関わってきます。日々のトレーニングの負荷がオーバーユースとなり、徐々に蓄積された疲労が股関節・深臀部に根付き 『隠れた故障』 として他の部位にも影響を及ぼし、スポーツ動作で最も負担の大きいこれらの部位に、気付かないまでも「無意識」にトップ スピードに「ブレーキ」を掛け続けています。

  
故障の原因・体内深部の【冷え】を伴った疲労除去、【真の絶好調】を確認!

 体全身への「ローラー摩擦刺激」が「有酸素運動的効果」を引き起こし、ウォーミングアップに代表される燃焼系に働き、代謝機能が改善され 『うっ血』 が取れていきます。また、溜まり続けた筋肉・関節内の【疲労部位】を除去する事により、『基礎代謝量の増加』に大きな影響を与え、「エネルギー効率」が一段とアップ、身体能力の発揮に大きく貢献してくれます。活性化された自身の内臓機能が蓄積疲労を激減させ、ローラーで磨き上げられたキレのある 『真の絶好調』 で大きな仕事を期待しています。


 過去に染み付いた「厄介な癖・悪い癖/間違った筋肉・関節の使い方/イメージ」等々を取り除く事は大変な努力・繰り返し練習が必要です。記憶されている筋・腱センサー(紡錘)の「回路修正」を優先して頂きたいと思います。知らない間に溜まり続けた、感性・反射神経に働く『不随筋』の疲労・過緊張を取り除く為、回路修正に新たな「道・端緒」を付けなければ成りません。新たな道とは、今までと違う方向性の事であり、気付かない深部の疲労を取る事により、「気持ち」に自身が甦れば最高です。多くの選手が自身の肉体の限界を感じ引退を余儀なくされます。その事を考えると、「気持ちに自身が持てる」事はとても大切です。

  意識(過剰)をしていては上を目指せません。意識がなければ上を目指せません。意識と無意識の関係。無意識が意識を超える時、素晴らしい未来が待っています。無意識に働く筋肉、意識を超えた筋肉、動物的な感性筋、反射神経に響く筋肉【不随筋】に働きかける『ローリング療法』、本音のコンディショニングとは、を意識する『コンディショニング整体操法』で、「真の絶好調」を勝ち取る為の応援をさせて頂いています。

  
【コンディショニング整体操法】は下記の様な選手を応援します。

実力的に見て、本来の「力」・「技」が出し切れていない選手
「下半身」・「脚力不足」を強化し、更に上を目指したい選手
スランプが長く、迷いが多く、「絶不調」に陥っている選手
「怪我・故障」が多く、実力が出し切れないでいる選手
筋力的には申し分なくも、パワーが伝わらない選手
実力はあるも「好調・不調」の波が大きすぎる選手
実力があるも「ムラ」が多く、集中しきれない選手
本番に弱く、ここ一番で「実力」を発揮できない選手
実力はあるも、「弱点部位・欠点」が特に目立つ選手
「打撲・怪我」がひどくなり、回復に時間が掛かる選手
アップに時間が掛かり、スタミナ不足を解消したい選手
例えば、2年前・3年前のコンディションに戻りたい選手
(応じきれない「年数」も御座いますので!)
良い物を持っているも、「控え」に甘んじる事が多い選手
ハンデを乗り越え、十分に戦える自身を植え付けたい選手
疲労と迷いで熟睡できなく、「睡眠不足」が続いている選手
実力があるも古傷があり、思い切ったプレーに不安のある選手
「筋肉・関節」が硬く、疲労が溜まりやすく、回復に時間が掛かる選手
肉体に「ゆとり」を感じる事もなく、目一杯・無我夢中で頑張っている選手
実力はあるも骨折・オペ後の回復に不安が残り全力を出し切れない選手

 上述以外でお困りの選手も是非、深「真」のクタビレ除去をお薦めしています。

 「激しいトレーニング」・「激しい試合」は同時に体全体に大きな負担を掛け続けています。効果的でより良い結果を期する為にも、「疲労を溜めすぎないで」受けて頂く事が大変重要な「ポイント」です。シーズンも中盤を向かえ、調子も上向きになり、期待が膨らんでくるその時期、何故か「故障・怪我」が起こり易くなります。回復しきれない「疲労の蓄積」が要因ではないでしょうか。隠れている気付かない「内なる故障個所や古傷」を発見、「コンディショニング整体操法」が即対応・ケアさせて頂きます。

  
『隠れた故障』・『気付かない疲労』の蓄積が怪我・スランプの原因・一因では!

 アスリートにとって共通するポイント「股関節」・「臀筋群」・「ハムストリングス」・「大腿四頭筋」・「深腹筋群」の 【五味一体】を意識して操法しています。上肢体への関連疲労・関連痛も加味し、上腕肩部・肩甲骨・首へも積極的にアプローチ。特に、首の疲労は余り意識をされない部位ですが、ある意味 『落とし穴』的存在であり、蓄積疲労の多さに驚かれる方が多い様です。特に、「首の重要性」を唱えています。



2005(C)西後ローリング療導院 All rights reserved 当院に無断でHPからの引用・転載・複写などをお断りします。