西後ローリング療導院
English version TOPページヘ お問い合わせ ご利用上の注意 サイトマップ

TOPページ
初めての方へ
アスリートの方へ
コラム
当療導院について
サイトマップ
お問合せ
体験談
リンク集

所在地
大阪府大東市西楠の里町11-23
E-MAIL:info@rolling-roller.com

Macromedia Flash Playerの
ダウンロードはこちら
ザ・ベイスボール & ザ・コンディショニング


野球選手に欠せない、肉体コンディショニング。
長いシーズンを乗り切る疲労の少ない肉体の『強靭性・柔軟性・スタミナ』を日々の 練習を通じて克服・獲得。
気になる問題は貴方自身が今現在行っている 『トレーニング ・ ケア・手入れ ・ ストレチング ・ 食事療法』 等、メンタル面を含めた総合的健康管理で如何に 《キレのある軽さ》、フットワークを練習・試合で獲得出来るかが「ポイント」です。

 現状の繰り返し練習の積み重ねで、貴方は更に上を目指す『自信と確信』で日々充実したトレーニングを積めていますか? 気付かないで溜まり続けた長年の蓄積疲労は比重の重い厄介な疲労として、体内深部に根付いており、
フットワークに悪影響を 及ぼしています。


 ユティリティー的能力が要求されるスポーツ、野球・BASEBALL

ピッチング編
躍動感あふれる、生まれ変わったピッチングがバッターをなぎ倒す !
弱点ポイント コ メ ン ト と 対 策
◆ 球に切れがない 蓄積疲労が原因で「上肢・下肢」のバランスが崩れる。股関節・臀部・腹部・ハムストリングス・
◆ 腕が振れない 大腿四頭筋・首・肩・肘・手首を徹底的に弛めます。ブルペンの投げ込み、現場での調整を実行。
◆ 軸足に負担が多い 本番イメージを意識、ローラー操体の微調整繰り返し実践と「投げ込み」の実行で、万全を期す。
【下半身強化を徹底的に意識し、磨き上げられた肉体に、鋭いキレのある球筋が、胸元をえぐり、バッターをホンロウ】
〈注〉 俗に、「肩は消耗品」と、よく言われています。 消耗品であればこそ、ローリング整体操体の 「手入れ」 絶対必要必須条件 です! 手入れの「内容と質」が重要です。は決して消耗品ではありません。定期的ローラーケアが、必ず結果に反映されます。

◆ 投げ込みは重要です。投げ込み前後のローリング整体で肩の張りを軽減!明日・未来の疲労を取り除き、《超回復》の提供を!
◆ アイシングでは到底回復しきれない、ピッチャーの肩・肘を中心に体内深部の『残存疲労』を意識、完全調整を目指し、徹底 的に、「現場」で疲労除去を実行。キャッチャーの疲労除去も決して忘れてはなりません。


バッティング(右打者)
ダイナミック パワフル スイング が ピッチャーを威嚇 !
弱点ポイント コ メ ン ト と 対 策
◆ 引っ張れない 左肩甲骨の収縮不足過緊張で、左肘が逃げ易く、パワーに欠ける。硬さ・可動域減少ネック!
◆ 押し込めない 右大胸筋の筋力不足/収縮スピード・パワーが問題。左右のバランスを取り、疲労除去を実行。
◆ バットが重たい 蓄積疲労除去を優先。隠れた故障個所・深部の疲労を見つけ出し、オーバーホールを実行!
◆ ボールが見れない 弱視・近視は要検査。気付かない首深部筋疲労・硬さは「落とし穴」。効き目のチェックを!
【リストの柔らかさ &側腹筋の捻りパワーを開発・意識!腰部に安定感を持たせ、股関節を重点的にケア・強化が重要】
〈注〉 BATTINGの基本は下半身が主動。 特に「股関節」の「粘り」と「パワー」がボールに伝わる。 遠くに「運ぶ」イメージを。
◆ 研ぎ澄まされた股関節で体重を受止め、軸足のエネルギーを体重移動で一気に爆発、ヘッドの効いたシャープな振りを。

守 備 編(右利き)
華麗なる動きが観客を魅了、前後左右に縦横無尽 !
弱点ポイント コ メ ン ト と 対 策
◆ 腰が落ちない 下肢、特に股関節の硬さ・アキレス腱・膝・足首とのバランスを加味しながら、全身施療を!
◆ 送球が不安定 上肢・下肢に「バランス」と「リズム」を調整。心理不安の原因、『インナマッスル』に確認を問う。
◆ ボールをはじき易い 左肩甲骨の「可動域」「フットワーク」に磨きを掛ける。一歩前進に心理的余裕を持たせる。
◆ 一歩が遅れる 「反射神経・不随筋」の緊張にアプローチ。「インナマッスル」を弛め、「感性」に磨きをかける。
【ミスター長島氏にイメージをダブらせ、動物的感性『不随筋』の開発・強化を!驚異の身体能力、「牛若丸」が目標です。】
〈注〉 体の重さは、フットワーク・全てに悪影響を及ぼします。股関節の「柔らかさ」と「強度」が、期待出来る「アスリート」 を作る。
◆ 余分な力が抜けた感覚、身体全体のキレのあるバランスが関節の動きと連動して、流れるようなグラブさばきを披露する!

走  塁  編
ダイナミック走法を披露、3歩で決まる深い前傾姿勢が『走り』を変える !
弱点ポイント コ メ ン ト と 対 策
◆ 脚が上がらない 腸腰筋・大腿四頭筋の疲労が主たる原因。股関節を弛め、誰も知らない【臀部】に秘密が!
◆ 腕が振れない 肩甲骨可動域減少・首深部の疲労過多。筋腱の硬さも原因。呼吸筋を開発し、スタミナ不足を解消
◆ 体が重い 上肢・下肢・体全身の蓄積疲労(重り)の除去を徹底的に。怪我・故障前に、オーバーホールを!
【足裏・足首・膝・大腿四頭筋・ハムストリングス・股関節・臀部・肩甲骨等々を意識して弛め、「忍者走り」を実践・実行】
〈注〉 短距離走は「天性の味」。野球の走り・走塁は 「技」 も優先します。「技」の開発・強化を目指す 「 ローリング 整体操法」 を! 
◆ 背部の疲労(重り)は身体を後ろに残し、前に進むスピードに悪影響。疲労が取れた深い前傾姿勢 が塁間の走りを変えます。




2005(C)西後ローリング療導院 All rights reserved 当院に無断でHPからの引用・転載・複写などをお断りします。