西後ローリング療導院
English version TOPページヘ お問い合わせ ご利用上の注意 サイトマップ

TOPページ
初めての方へ
アスリートの方へ
コラム
当療導院について
サイトマップ
お問合せ
体験談
リンク集

所在地
大阪府大東市西楠の里町11-23
E-MAIL:info@rolling-roller.com

Macromedia Flash Playerの
ダウンロードはこちら

超回復は、超睡眠・超熟睡からしか生まれない!


眠りの質を改善、超回復に繋がる超熟睡を検証!


超回復とは、超疲労回復・超熟睡・超睡眠効果の贈り物


■ 単なる休息では「超回復」は生まれません!

人生、ざっと三分の一は 「睡眠」! 五人に一人は 「不眠症」!
深い 「ネムリ」、心地良い 『睡眠』 !

日々の労働や激しい運動後は十分な「休養と睡眠」を取る事は普通です。
バランスの取れた食事や栄養を取る事は回復には大切だとも言われています。
激しい練習や試合で不幸にも、突然の怪我や故障を受ける事もあります。
疲労蓄積・ストレスが原因で、様々な病気にもなりかねません。


血流の滞り、うっ血状態の初期段階では殆んど 「自覚症状」 はありません!


徐々に蓄積された「痛みのでていない疲労」!本人には気付くこともなく年月の
経過と共に徐々に重なりあい、内臓諸器官及び、それらを取り巻く
インナーマッスルコア組織に蓄積されていきます。
静かにダメージを受け続けた内臓諸器官からの体壁反射として、皮膚や
筋肉表面上、特に負担の多い関節内・動きの激しい部位を中心に影響が及び、
代謝低下と共に「うっ血」 として存在していきます。

この様な状態では深い眠りや、熟睡が摂れるでしょうか?

二度寝されるタイプですか?

何もしない自然回復や寝れば治る人は肉体条件が余程、恵まれた人だけでは!
故障や怪我を抱え、未回復の状態で猛練習をして、
他の選手よりも多くの努力をしたとしても、報われるとは限りません!
激しい運動や精神的なストレスが重なると、中々寝付けなかったり、
夜中に目が覚めたりして 「深い睡眠」 が捕れなくなります。


所で、深い眠りや、熟睡が摂れていますか?


自身では熟睡出来ているのか、快適な睡眠が取れているのか、
「眠りの質」を判断する事は難しいようです。
目覚めの「良し悪し」で熟睡を実感できるかも知れませんが、
果たして疲労が取れたと解るほど、満足感を得られる睡眠が取れているでしょうか?
単なる休息は一般的な回復は期待できたとしても、果たして超回復までは可能でしょうか!余程、肉体条件に恵まれた方は随分と、回復を期待できるかもしれません!


■ 激し過ぎる運動や練習の継続は要注意!

「コリや痛み」は内臓諸器官にも悪影響!  
筋肉痛はある意味、内臓痛です!
風邪からくる筋肉痛も、一種の内臓痛です!


激しい練習・限界までのトレーニングの継続は、
いずれ筋肉組織は傷つき・痛めつけられ内臓諸器官を始め
全身の肉体は極度に疲労いていきます。

自覚できないまでも、筋肉への血行が滞り多くの老廃物が排泄され難くなり
徐々に内臓群に蓄積され、内臓体壁反射要因として、
筋肉細胞に「コリや痛み」を発生させます。

筋肉に「コリや痛み」が残った状態が続き、
疲労蓄積が原因で思うような回復が望めないと、
代謝循環が低下し、筋肉の硬直が更に進んでいきます。

激しい練習後は、傷ついた筋繊維群や内臓諸器官の適切ケアを早期に行い、
スーパーボディを獲得しなければ、悪循環状態では「超回復」どころではありません。

■ 眠りを妨げる「低体温」はアスリートの大敵です!

 
体温が下がると代謝が落ち、免疫力も低下!
 
低体温・低体温体質は大敵、36度以下になると 免疫力低下 は否めません。
低体温体質の選手は特に、
ウォーミングアップ完了までに、そうでない選手に比べ余分に時間が掛かります。

ウォームダウンに関しても決して磐石ではありません。
平均的に疲労の回復力も弱く、長時間眠っても思うような効果は期待薄
遅い食事後の早い睡眠は内臓疲労を助長させ、疲労回復スピードにブレーキが!!

体温アップは免疫力アップに繋がるようです!ご存知ですよネ!?

乳幼児をはじめ、子供は良く熱を出します。
大人になると 「しんどくなっても」、熱のでない方が多いようです。
例え、熱が出ても一両日中に下がれば殆んど問題はありません。
自然的に熱が下がる事は大変良い事です。

子供の熱が出るメカニズムは大人の人に比べ、
より免疫力が働いているです!
病気になり熱が出ることは良い事です、
一両日中に熱が下がることが条件ですが!
長引く熱にはご用心・ご要注意です!これぐれも、ご自愛を!

ウイルスの多くは熱にも弱く、例えば
39度の熱で ガン細胞の増殖 が抑えられ、
42度の熱で ガン細胞は死滅 すると医学界が認めています。

ガン温熱療法として、腫瘍部位を 42度 に温め、腫瘍の根治や縮小を目的として
研究治療がなされています。

42度の熱が続くと、人体の 「酵素やホルモン」 に大きなダメージを与え、
生命維持には致命的な結果に成ります!

注 : 「しんどい」は大阪弁で「疲れた状態」を意味します!


大自然・大宇宙の中で生かされている、人体温の不思議!

1年 ・ 365 日 (4年に一度を除く)   
東洋医学・中国医学の 「ツボ」 の数 は オオヨソ 365 箇所
理想的体温は 36.5 度 (付近 or 以上)!

体温とは内臓温度であり、 「内臓の冷え」 が 「筋肉の冷え」 となります!

季節温度、35 度 は真夏 です。湿度が多いと不快に感じます
体温 35 度台は 「極度の冷え」 を抱えています

ツボの数、WHOでは 「361」 となっているようですが、為念 !

肉食過多の食事メニューは要注意! 疲労回復には、デメリットかも!
「腐る」の意味は、胃腸の腑の下に「肉」と書きます!
35度台の低体温の方が「便秘」になると大腸の中にある便として排泄される「カス」は
益々、腐っていきます

過剰に栄養が溜まると、睡眠を妨げます。病気にもなります。食べ過ぎと病気との関係は!
眠りは栄養です、空腹は 「質の良い眠り」 を誘います!

 
メタボと低体温との関係!
 
「ガン」 が好む 35 度台 の低体温状態では、体脂肪は溶け難く悪影響!
脂肪は fat 、 貴方は 筋肉太り or 脂肪太り
メタボリック とは新陳代謝の事で、肥満の意味はありません!

メタボリック シンドロームとは、
代謝異常症候群 と言う事になります!
代謝循環低下が 《メタボリック シンドローム》 を助長させているのでは!

過剰栄養は要注意!
満腹時の眠りは、メタボを誘うかも!
基礎代謝を改善して、快眠の誘導・誘発を!

熱が出ないカラダは、免疫力低下の証です!

蓄積疲労が原因で筋肉や関節が硬くなると、
血管は圧迫され血流不足が起こり代謝が悪くなっていきます。
永く眠っても、眠りが浅く睡眠不足状態に成りかねません。
仕事量・練習量の多さを考えると睡眠不足が続いた場合、
疲労回復が追いつきません。

身体は悲鳴を上げ、集中力は薄れ心身共に健康な状態を長く保つ事は出来なくなります。
低体温の選手は疲労回復は出来てとしても、
果たして理想に近い 「超回復」 は期待できるでしょうか?

眠りは、量でなく 「質」 で勝負、長さでな く「深さ」 が重要!

快眠とは、眠りの「質と深さ」に関係します!
  ・様々な規則正しい生活を心がけているにも関わらず、  
  ・眠りたくても眠れなく、夜中に何度も目が覚め、  
  ・眠りが浅く、目覚めも悪く、午前中は疲れが残ってスッキリしなく、  
  ・日中に眠気が起きやすく、長時間眠っても、熟睡効果を感じられない  
  ・眠りたいと意識すればするほど、眠れない方も多いようです!  

熟睡に必要な条件とは、

 
ローリング睡眠療法の目的・効果
 
内臓リラックス状態を作ってあげることにあります!
内臓を取り巻く筋肉群を柔らかくする事で、酸素を含んだ血液好循環代謝が
自律神経のバランスを整え、貴方のカラダを 超リラックス状態 へと導いてくれる事でしょう!
首 と 頭部 & 顔 への 「ほぐしローラー」 or 「癒しのローラー」 は
睡眠誘導効果としては絶品です!
自覚症状がない内臓疲労は要注意!

肩の凝り・首の凝り・頭の凝りも、「良い眠り」 を妨げます!

■ カラダを磨く、ローリング療法/睡眠と筋疲労の回復を実現!
 
ローリング療法最大の特徴は、腹部内臓の「こり」を緩和して「うっ血」を軽減する事です。
体液循環が良好となり、自律神経が調整され呼吸も自然的に深くなります。
睡眠効果が効をなし、胃腸の働きも整えられ、免疫力・生命力の向上につながります。
徐々にではありますが、辛い症状・痛み・不快感・不安感を断つことができるようです。

代謝機能向上が血流改善と共に筋疲労の要因とされている、
皮膚や筋肉表面上に現われた様々な症状、即ち、「かゆみ・痛み・くすぐったさ」や、
同時に筋中の「シコリ・硬結」をローリング療法で軽減させる事で、
体全体が活性化され自己免疫力が働きやすくなり、疲労回復にもつながっていきます。

残存疲労を残さないウォーミングダウン効果で、五臓六腑・内臓リフレを提供。
疲労軽減効果・体温アップ効果 ・ リラクゼイション効果 、トリプル効果で超熟睡を!

   
ローリング療法を受けられた方の多くは、
   
ローラー施術後、内臓の 「うっ血」 ・ 筋肉細胞の 「うっ血」 が軽減されると、
全身の血流が改善され、副交感神経の働きも良くなり、
身体に 「温もり」 を感じて頂けます。
 
心身リラクゼーションを兼ね備えた血液循環代謝改善療法
 
肉体疲労・ストレスが取れ、同時に頭部 を刺激する事で脳の緊張を緩め、
当日は、ぐっすり眠れると言った、深くて 「質の良い眠り」!
   
副交感神経を優位に働かせ「深い眠り」を実現
   
内臓筋肉群の疲労を取り、体内深部 《インナーマッスル緩和》 への働きを促し
内臓疲労の減少・クタビレも少なく 「冷え」 の取れた身体が
爽やかな熟睡を誘う事でしょう!
   
低体温は快眠の妨げに!
   

トリプル超熟睡効果は、それぞれ個別的ではなく相乗効果として有効的に働き、
ローラーを受けられた当日は特に、熟睡を可能にしてくれます。

 
睡眠前のローラーマッサージが 《真の超回復》 を提供!
 
ローラー マッサージ後の「ストレッチングや入浴」は疲労回復効果を早めてくれます。
睡眠前のローラーマッサージは血液循環やリンパ液の動きを活発にし
疲労物質がより排出されやすくなり 《超回復》 を狙った、ローリング・ローラーで
明日への戦いに備えます!


ローラー施術当日は大変美味しく食事を召し上がって頂けるようです。
またまた、最初のビール一杯の 「のど越し」 の良さは格別とおっしゃられる方が多いようです。
代謝が著しく改善された証ではないでしょうか!
 
熟睡効果が続くことで超回復を呼び、健康的で、くたびれ難い身体になって頂く事を願っています!

省エネ効果に繋がる超睡眠・超熟睡をローリング・ローラーで!

2005(C)西後ローリング療導院 All rights reserved 当院に無断でHPからの引用・転載・複写などをお断りします。