西後ローリング療導院
English version TOPページヘ お問い合わせ ご利用上の注意 サイトマップ

TOPページ
初めての方へ
アスリートの方へ
コラム
当療導院について
サイトマップ
お問合せ
体験談
リンク集

所在地
大阪府大東市西楠の里町11-23
E-MAIL:info@rolling-roller.com

Macromedia Flash Playerの
ダウンロードはこちら
永遠のヒーロー 小瀬浩之選手

2007年度、オリックス バッファローズ球団より、3順目の指名を受けました。
小瀬浩之選手は高校時代から、私のローラー療法をこよなく愛してくれていた選手の一人でした。

高校時代、『もしローラーを受けていなかったら僕は、プロ野球選手になっていなかったと思います!』

と、いみじくも彼が発した言葉が思い出されます。 
疲労が溜まりやすく故障がちだった彼自身が感じた、率直な思いだったのだと思います。

24歳の若さで永眠!懐かしい彼とのツーショット、思い出を綴りました。


 
西後ローリング療導院にて 

  
野球の原点は中学時代

小学生のころ彼は地元のソフトボールチームに所属。
元来、左利きだった彼は、お兄ちゃんの右利きのグラブでキャッチボールを始めました。
右投げ、左打ちの原点はここからがスタートだったとの、彼の言葉。

硬式野球のスタートは地元、ボーイズリーグ・鴻池オーシャンです。
多くの指導者の教えをこい、無我夢中で白球を追っかけていた中学生時代。
中学時代は吸収することは大変多いと思います。
何事も勉強です。技術、体力、スピード、すべておいては、まだまだ、力不足ですが、
とにかく練習あるのみです。
中学時代の練習は必ず将来に、生きてくると思います。 存分に、基礎体力を築いて下さい!

厳しい練習を続ける事は苦しいです。根気と我慢が大切だと思います。
常に前を向いて進む強い精神力を養ってください。
技術を体にたたき込むための近道はありません。上達する時の分岐点がどこにあるか、
これは誰にもわからないと思います。あきらめずにやり続けるしかないと思います。
そして、誰にも負けず、一心にやり続けた自分への満足感を感じた時、
何かを得られるような気がします。

夢はデッカイ方がいいと思います。大きな夢を持って下さい。この時期は結果より
努力する課程を大切にしてください。人一倍の練習をして、厳しい練習に耐えてください。
中学時代は一番、野球に集中するできる時期だと思います。純粋に野球に取り組んで下さい。

自己表現する場は必ずやってくると思います。中学時代は色んな事を吸収して
勉強する準備期間だと思います。何事にも挑戦する勇気。相手の気持ちに勝る元気と気力。
誰にも負けない努力。もっと頑張ろうという、皆さんのハングリー精神や集中力に期待しています。
そして目標に向って頑張って下さい。

ところで、皆さん、コンデションニング状態はどうですか? どこも痛くありませんか?
故障を抱えたまま、練習をしていませんか?今、無理をして練習を続けると
回復が余計遅くなるだけですヨ!


  
小瀬選手とローラー療法との出会い

小瀬選手の場合、高校時代、右肩を痛めたことがありました。焦っているところへ
今度は腰痛や膝・股関節に痛みが来ました。
高校2年時、彼の母校、香川県代表・尽誠学園の仲間達が甲子園球場で歓声を浴びているおり、
故障でメンバーから外れていた小瀬選手は、アルプス・スタンドから応援していました。

その時、「野球ができないつらさを痛感した」と、本当に悔しかったと思います。
頑張っているさなかでの、思わぬ故障や怪我という無情な局面に直面した選手は多い事と思います。
目の前にある仕事・野球がやりたくても、できない事ほど辛い事はありません。
精神的に落ち込んだ事もあったでしょう。

そんな折、彼の故障を聞きつけた私は、大東リトルリーグ時代から知り合いの先輩のお母さんと連絡をとり
故障治療のため直ぐに、ローラー治療を受けに来るようにと、本人に伝えて頂きました。

小瀬選手の実家が近い事(自転車で5分の距離)もあり、地元にいる間は毎日通わせ、
甲子園球場に応援に行かない時は、
朝・夕一日、2回のローラー治療で早期の完全回復を目指し実現できました。
故障しにくい体作り、疲労を貯めなくケガをしない強い体作りについても、色々と話をしました。


  
大学時代の4年間も、奈良・近大生駒グランドから定期的に来院!

プロ野球選手になってからも、年末の12月から年明けの1月は毎年のように、
奈良県生駒市にある彼の母校・近畿大学グランドにて自主トレーニングを慣行。
体力強化の前後にローラー療法で身体全体を一時間半調整、コンディショニングの基本を実践しました。

いい状態で練習するのと、痛くて無理して、バランスの崩れた状態で練習をするのとでは、
全然、身体のキレが違います。その事が彼のトレーニング効果に顕著に反映されていました。
自分では気づかない疲労を取ることで、潜在能力の開発もにきっと、役立つだろうと、
センスのある彼が、言っていたことを思い出しました。

オリックス時代、ドームでの試合を控えオフを利用してローラー療法で全身の疲労を取りに
神戸・西宮からも高速道路を利用して、頻繁に来ていました。
彼が私のローリング治療を受けた翌日・翌々日の試合は、必ず大活躍です。
お立ち台でのインタビュー!
そんな彼の試合を見るために”京セラドーム大阪”にも妻と二人で、足を運びました。

頑張っている姿・真剣に野球に取り組んでいる彼の姿が懐かしく、蘇ってきます。
映像を介して、活躍する彼の勇姿を確認することもあります。

小野選手のプロフィールを参照ください。

練習後の疲労除去や試合前に、ローリング療法を受けに来ていた事が思いだされます。
私にっとって小瀬選手は、野球センス抜群の素晴らしい記憶に残る選手、永遠のヒーローです!


小瀬浩之選手 追悼動画 YouTube より、

 
お願い : 無断でお借りしたことのお詫び、そしてお許しを申し上げます。

オリックス時代、北川選手(引退)や大引選手、坂口選手(現・ヤクルトスワローズ)また、
多くの選手には大変良くしてもらっていたと、小瀬選手本人から聞いておりました。
彼の現役中は大変お世話になりました事、感謝申し上げます。 

小瀬選手が本当に信頼していた、このローラー療法を現役プロ野球選手を初め、
そしてNPBを目指している選手に一人でも多く、出会って頂けることを心より願っております。

二年間と言う短い期間でしたが小瀬選手がお世話になった御礼としまして、
また療導院開設、足掛け30周年、そして私からの感謝の気持ちを込めまして、
このウェブサイトをご覧になった、”オリックスバッファローズ ”の現役選手に限りまして
誠に僭越とは存じますが、2018年の8月と9月の二ヶ月間の期間限定で先着3選手、
1回限り 『90分無料コース』 を考えました。

当時、小瀬選手が受けていた以上のローラーケアをご提供させて頂きます!
必ずや、感動して頂ける事と確信をしております!

現在、絶好調の選手、何処も異常を感じない選手も、更に深部蓄積疲労やくたびれを是非、取って下さい!
そして、想像を超えた最高のコンディショニングで日々の練習に取り組んで頂きたいと思っています。
ご期待ください!

また、今の内に徹底的に疲労を取るために、2018年のドラフト候補選手も来られています!
勿論、現役NPB選手からも出張治療の依頼電話が定期的に入ってきます!

西後ローリング療導院 090−1487−4118         2018年 8月作成

開設30周年 『筋膜ローラー覚醒コンディショニング整体』の資料を作成しました!
是非この機会に、ご縁がありますれば!
お電話、ご予約をお待ちしております!

ご参考 :
基本は全身治療です!特に現在感じている不快部位や故障部位は徹底的にケアを致します。
特に、他では味わうことが出来ないピッチャーの指先ケアの意識、
軽く握ってもボールに掛る(吸いつく)感覚をローラーで研ぎ澄ませることから始めます!
手首、肘は勿論、腋窩(脇の下も重要な治療ポイント)、肩関節インナーマッスル深部蓄積疲労を
除去していきます!

バッターの場合はグリップの感覚が確実に変わります!
力まずに軽く握っているので "ヘッドの走り" が格段に違ってきます!
勿論、全身ケア(永年勤続疲労除去)が基本です!

2005(C)西後ローリング療導院 All rights reserved 当院に無断でHPからの引用・転載・複写などをお断りします。